誰にでもできるの?

出来ます!と言いたいところですが…

実は、「糖質制限食を実践できない症例」というのがあるんです。
それは、腎機能が低下している人です。
腎機能の数値が良くない人は高タンパクの食事を摂るとよくありませんし、かえって悪化させます。
このような場合には残念ながら糖質制限食を実践することは出来ません。
他には活動性の膵炎や肝硬変の人も適応外となります。

その他に大きな制限はありませんが、持病があって通院されている場合などには、かかりつけ医に前もって許可を貰うか、
糖質制限食を推進している医療機関で相談の上、定期的に医師の指導を受けながら取り組みましょう。