トップページ>外食で注意すべきこと

外食で注意すべきこと

外食も料理を選べば問題はありませんが、糖質たっぷりメニューの誘惑がいっぱい…。
でも、外でご飯を食べる機会はよくあること。
どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

メニューにカロリー表示はあるけど、糖質表示は…

最近ではメニューにカロリーを表示しているお店も増えてきました。
しかし、糖質の表示をしているお店はごくごく少数。
ということは、自分である程度の糖質量を想像するしかありません!
と言っても、わざわざ電卓片手に厳密な糖質量を推測するのは大変ですから、
とりあえずは糖質高めの食材やメニューを避けるようにしてみましょう。

基本中の基本!「主食系はNG」

当然ですが、主食系はNGです。
白飯・チャーハン・リゾットなどのご飯系、そば・うどん・パスタなどのめん類、パンやピザ類もNG。
これらは極力食べないようにしたいもの。

使っている食材を見極めて

言うまでもなく、炭水化物系の食材を使っているものは高糖質です。
いも類を使った料理や、小麦粉を使った料理など…
例えば餃子やシュウマイの皮も小麦粉を使っており、食べ過ぎには注意が必要です。
揚げ物の衣も高糖質ですから注意しましょう。

カレーやシチューのルウには小麦粉やでんぷんが使われており、糖質は高めです。
ただしサラサラ系のカレーなら意外と低糖質な場合も。
タイカレーなどに使われるココナッツミルクは低糖質な食材です。

ホワイトソース系も小麦粉がたくさん使われていますから、避けるようにしましょう。

「とろみ系」も要注意!

あんかけなどに使われている「とろみ」は片栗粉などのでんぷんでつけていることが多く、食べ過ぎには注意したいものです。
あんかけは和食・中華料理によく使われますので、注意しましょう。

糖質制限におすすめなのは「居酒屋」

糖質制限をやっていて意外と使えるお店なのが、「居酒屋」
居酒屋メニューは品数が豊富でしかも低糖質なものも多いです。
お酒も焼酎などの蒸留酒ならOKですし、赤ワインも飲み過ぎなければOK。
お店によっては糖質オフの発泡酒を置いているところもあります。
お酒が飲めなくたって、ソフトドリンクを飲めば大丈夫!
お茶系なら糖質の心配も少なく、安心して楽しめますね。

和食系食べ放題(ビュッフェ・バイキング)も意外といける!

食べ放題レストランは、実は意外と使えます。
というのも食べ放題なら食べるものを自分で好きに選べるから。
高糖質なものを避け、低糖質なものを中心にお腹いっぱい食べれば良いのです!
特に和食系のビュッフェレストランだと、海藻類や豆腐類、魚などを使った料理も多く
糖質制限的にも食べやすいメニューが揃っています。

どうしても避けられない場合は…

それでも、どうしても糖質高めのメニューを食べなくてはならないという場面もあるかと思います。
そんな時には食べ過ぎないことがまず最低条件ですが、その他にできることがいくつかあります。

ページ上に戻る

▼お肉は糖質制限OK食材!満足感の高いお肉をたっぷり食べましょう♪▼

糖質オフ系飲料・食品を徹底比較!